30代半ばからの節約生活

『収入は増えない』ということに気づいてしまった30代半ば男のブログ。

コインチェック事件。仮想通貨を勧める時は対策と危険性も説明するのです。

こんにちはひげ男です。

 

2018年1月26日、仮想通貨取引所のコインチェックが不正アクセスで580億円流出。

 

過去にも海外の取引所などで大金が不正流出する事件はありましたが、心のどこかで他人事だと思っていました。

 

日本の仮想通貨初心者にとってはもっとも身近な取引所の1つであるコインチェックで発生するなんて全く考えていませんでした。

 

私はコインチェックにはリップルを700枚くらいおいてあるだけだったため、仮に預けていた分を全て失ったとしても被害は小さいのですが、これは本当にたまたまです。

 

メインの取引所をzaifとBinanceにしていたので、今回の事件では大打撃を受けずに済みましたが、コインチェックでなければ今後も大丈夫だなんてことは絶対にありません。

 

今回の事件で考えさせられたことは

 

1.コインチェックに限らず、取引所に資産を預けたままにするのは危険なので早く自分のウォレットに移す必要がある。

2.仮想通貨取引を誰かに勧める時は必ず危険性と対策も説明しなければならない。

 

この2点です。

 

私の仮想通貨資産の半分はネムで占められているのですが、nanowalletに保管していたためコインチェックの事件では被害を受けずに済みました。

 

しかしまだまだ多くの通貨がzaifやBinanceに預けたままになっているので、一刻も早くウォレットを作成して避難させようと考えています。

 

そして2点目です。

 

私を含め仮想通貨で資産を増やせた人は良かれと思って仮想通貨取引の素晴らしさを語り、人に勧めているのですが、このときに仮想通貨取引のメリットだけを語り、危険性や対策を説明しないのは非常に危険なことだと再認識させられました。

 

手数料の高さからたまたま私はコインチェックを勧めていなかったのですが、もし私がコインチェックを勧めていて、それで取引を始めた人が今回の事件で被害にあっていたらと考えるととても恐ろしく感じます。

 

 出川さんのCM効果もあり今年に入って多くの人が仮想通貨取引を始め、その最初の取引所としてコインチェックを選んだのではないでしょうか。

 

そしてその人たちは複数の取引所に資産を分散したり、自分のウォレットに資産を移すという対策を知る前に被害にあってしまったのだと思います。

 

幸い、 コインチェックがハッキング被害分を補償するという話なので個人個人の被害額は最小限に抑えられそうです。

 

しかし資産が補償されるのは当たり前ではなく、コインチェックがお金を持っていたから可能だったわけで、コインチェックにお金が無くて、最悪破産したらお金は返ってこなかったのです。

 

良い悪いではなく、無いものは無いのですから。

 

自分がセキュリティー対策をするのはもちろん、誰かに仮想通貨取引を勧める場合はしっかり対策方法を説明。それでも完全ではなく危険性があることを理解してもらおうと改めて考えさせられました。

 

現在私も取引所にあるイーサリアムをウォレットに移行中です。

 

ひげ男でした。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村